2013年05月05日

「おだやか」にひそむ不穏(内田伸輝監督「おだやかな日常」)

痛々しいほどの衝撃的な予告編が、ずっと胸に刺さっていた。地元での公開を知り、意を決して劇場に向かう。意外にも、すっと心にしみ込む作品だった。
見えない恐怖といかに向き合い、大切なものを守るか。たしかに、登場人物たちは幾度となく声を荒げ、ぶつかり合う。けれども、不安や苛立ちを表出する(できる)彼らを、少しうらやましくも感じた。(震災から二年となる今、このような場は、良くも悪くも失われている。直後にはなかなかかたちにできなかった想いが、身体の中や身の回りで、今も行き場を求めてさまよっている…と時折感じる。そのまま時の流れに任せておけばよいのか、向き合い、引っ張り出し、さらすべきなのか…。)悩み苦しむのは、幼い娘を守ろうとするヒロインだけではない。彼女を追いつめる母親たちのリーダー格(演じるは、貫禄の渡辺真起子さん)も、不安や孤独を抱えている。声高にならずにきちんとそこまで描かれていて、ほっとした。
彼女たちをはじめ、本作には様々な立場や感情を持つ人々が登場する。特定のひとりにというより、この時は彼に、あの時は彼女にと、それぞれに様々な瞬間の自分が重なった。感情はひとつではなく、時に相反するものが共存する。大丈夫と思ったり、不安になったり。常に揺れ動き、揺らぎながらバランスを取っている。ひとつの感情に支配されたり、溺れたりするまい、と改めて感じた。
ラストに流れるバッハの無伴奏チェロ組曲が美しい。タイトルの「おだやかな日常」も素晴らしいと思う。震災直後、おだやかな日常はやってくるのだろうかと途方にくれた。今は、おだやかな日常を過ごすことに、少しばかりの違和感や後ろめたさがある。おだやかだからこそ、そこに潜むものを意識する。だからこそ、おだやかと感じることを忘れかけていないか、鈍麻していないか…とはっとした。
「女性映画」とされているが、ヒロイン二人の夫を演じる男性キャストも印象を残す。「さよならドビュッシー」に続いての山本剛史さん。数年来気になる俳優さんだ。キワモノっぽい役が多い中、今回は出色だった。今後にも期待。一方、小柳友さんは…「トウキョウソナタ」同様、唐突な行動に出る役。不思議とハマります。

〜〜〜
「おだやかな日常」2012年、 日本・アメリカ合作
監督:内田伸輝
プロデューサー:杉野希妃、エリック・ニアリ
出演:杉野希妃、篠原友希子、山本剛史、渡辺杏実、小柳友


posted by staff at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。