2013年05月11日

パスタがどうにも気になって(イ・ユンギ監督「愛してる、愛してない」)

水がしたたる映画には、不思議と忘れ難いものが多い。ツァイ・ミンリャンの「Hole」、タルコフスキーの「ノスタルジア」や「ストーカー」、熊切和嘉の「アンテナ」での土砂降り(原作では蝉の声がさざめく晴天を大幅に変更し、成功している)…。さて、本作はどうだろう?
妻の浮気さえ事件にならない、停滞した若い夫婦。妻が出て行くはずの日、雨に降り込められたふたりの元に子猫が迷い込んでくる。原作のタイトルロールである猫…以上に、飼い主の夫婦がおもしろい。それぞれにマイペースで突飛な彼らの乱入で、俄然物語は動き出すか、と期待がふくらんだ。しかし、結局不発。主人公たちに絡みきれず、単発で終わってしまうのが惜しい。
性の匂いがしないかわりに、主人公ふたりは幾度となく共に飲み、食べる。男の淹れるコーヒーは、香りまで伝わってきそうで魅力的だ。(そもそも、雨の日のコーヒーは格別に美味しい!)一方、女の方はちょっと理解に苦しむ。別れ話を切り出した車中で、夫の好みでない飲み物しかないのに、なぜ敢えて彼に選ばせ勧めるのだろう? 夫への冷めた思いや苛立ちの表現としても、芸が細かすぎる。
極め付けは最後のパスタ。これはどうにもいただけなかった。男は、パスタを悠々と茹でてから野菜を切り、ちまちまと炒める。やっとパスタを投入して仕上げ、というところで、女はサラダを作ろうと提案する…! パスタを作り慣れているふたりと思えない手順の悪さ。(パスタへの愛があるならば、サラダ→パスタソース→パスタ、の順でしょう!) 男を泣かせたいのなら、作っておいたサラダのトッピングにタマネギを刻んで散らす、とすればよい話。題材や予告から覚悟はしていたけれど、思いもよらぬモヤモヤが残った。茹だりきったパスタを想うと、心が痛む。
また、途中幾度となく、陽光射し込む(かつての)部屋が挿入される点も、必要以上に物語がばらけてしまう印象を受けた。一度二度であれば、展開の起点として効果を上げたかもしれないが…。原作は未読だが、文字世界以上に、映像世界で「何か起きそうで(表面上は)何も起きない」ドラマを描くのは難しい、と改めて感じた。
監督はもちろん、妻役のイム・スジョンも、「箪笥」で衝撃を受けて以来、観続けている。だからこそ、ことさらにモヤモヤが残った。アンニュイ過ぎず騒々し過ぎず、身体は細くても神経は図太い、そんな軽やかな彼女を観てみたい。

cma

〜〜〜
「愛してる、愛してない」:Come Rain, Come Shine、2011年、韓国

監督:イ・ユンギ
原作:井上荒野
脚本:イ・ユンギ
出演:ヒョンビン、イム・スジョン
、キム・ジス、ハ・ジョンウ(声の出演)

。…しかし本作は、残念ながら忘れ難いというより、忘れたい作品だった。


iPhoneから送信


posted by staff at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。