2013年05月24日

レモンがつなぐ、イタリアとデンマークの幸せな出会い(スザンネ?ビア監督「愛さえあれば」)

そういえば、数日前に観たのは「たとえば檸檬」だった。今日の本篇前の予告は「ローマでアモーレ」。レモンもイタリアも映画世界ではおなじみ。そんな素材をデンマークの俊英が掛け合わせ、ありそうでない、不思議な肌ざわりの物語を紡ぎ出した。
取り繕いの関係をやめて一人になり、孤独を受け入れる。スザンネ•ビア監督が、「しあわせな孤独」以来繰り返し描いてきたテーマだ。今回の舞台は結婚式。取り繕いの際たるものであり、結婚式に集まる家族のドタバタや軋轢を描いた作品は枚挙にいとまがない。同監督の「アフター•ウェディング」、近作では「アナザー•ハッピー•ディ ふぞろいな家族たち」、他にも「メランコリア」「レイチェルの結婚」「モンスーン•ウェディング」…。そんな中、本作が新鮮で成功しているのは、みるみるうちに輝いていくヒロインと、ビア監督作品の森に彷徨いこんできたピアース•ブロスナンの存在によるところが大きい。特にブロスナンは、尊大さと繊細さのさじ加減が絶妙。ぎすぎすしがちな物語に、あたたかみを添えてくれる。
一方、彼らを取り巻く人々は、相変わらずちょっとイタい。それでいて、愛おしい。何て身勝手でイヤな奴!つくづく困り者…と、ウンザリしたりあきれたりしながらも、「…とはいえ、自分も人のことは言えないか…」と、ドキリ、チクリと心が痛む。ビア監督作品の住人は、決して遠い存在ではない。むしろ、はっとするくらい近い。イヤな奴を演ってしまう彼•彼女にも事情はあるのかも、たまたま、そういう瞬間であり巡り合わせなのかも、そして、日常で出会う人々もまた…などと思いは広がり、気持ちが心地よくほぐれた。
それにしても、ヒロインが夫に作り続けていた「レモンプリン」はどんな味わいなのだろう? デンマークではおなじみのデザートなのだろうか。機会があったら、試してみたい。

cma

〜〜〜
「愛さえあれば」Den skaldede frisor、2012年、デンマーク
監督スサンネ・ビア
脚本アナス・トーマス・イェンセン
出演:ピアース・ブロスナン、
トリーネ・ディアホルム、
セバスチャン・イェセン
モリー・ブリキスト・エゲリンド
パプリカ・スティーン




iPhoneから送信


posted by staff at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。