2014年01月23日

笑いに逃げない駆け引きの面白さ

笑いに逃げない駆け引きの面白さ
(永井聡監督「ジャッジ!」)

押しの強い予告とポスターから、ドタバタ騒々しいコメディをイメージしていました…が。観てみたら、(意外にも?)なかなか良い話。笑いに逃げない、しっかりしたつくりでした。
もちろん笑いのツボはあちこちに仕込んでありますが、キレがよく、嫌みやしつこさはありません。そして何と言っても、曲者揃いの審査員が繰り広げる、先の見えない駆け引きがおもしろい! …ふと「12人の優しい日本人」を思い起こしました。そういえば、トヨエツさんは両方出ています。加えて、「12人…」を書いた三谷幸喜さんの新作は、妻夫木さんや京香さんが出ている、そのものスバリの「清須会議」。…本作は、密室での会話劇を得意とする三谷さんが、くやしがる•うらやましがる作品かもしれません。
最初は奇抜、突飛と思われた伏線が、ぴたりぴたりとハマっていく気持ちよさ! これは、ありそうでなかなかない、と思います。やりすぎ!でもなく、…わかる人だけわかればいい…でもなく。すべての人に届けるのが使命、のCMスピリットのなせる技、でしょうか。脚本の澤本さん曰く、トンデモな設定のあれこれは「ホント5割でウソ7割」とのことですが…「ベタだなー」と感じるものこそホントなのかも、と思いました。
そして、本作の目玉である豪華キャストにも仕掛けが? (個人的には、トヨエツさんのクールな秘書を演じた玄里さんが発見!でした。今後も楽しみです。)新井浩文さんの役どころが青森出身→○;実際も青森、鈴木京香さんの役も青森出身→×;本当は宮城、なんていう僅かなズレ。こんな細かいところまでこだわっているのか…⁈ 思い返すにつけ、そうか、ほおーと感心したり、ふむふむ、なるほど、とニヤリとしたり。日常に戻っても、発見と楽しさが続いています。
そんな中、気になったのは、サンタモニカに持ち込んだ山ほどのちくわは腐らなかったのか、という謎。…とはいえ、これも、ホントの類いなのかもしれません(恐るべし!) 。また、エンドロールに「ペン回し協会」が協力としてクレジットされていたのもおおっ!でした。ちゃんとあるんですねー、協会。それならば「ちくわ笛協会」はなかったのか…かえすがえすも残念です。
本作から得られた教訓は、ずばり「国際会議で必要なのは、英語力よりペン回し力」! さあ、ペン回しの練習開始だ! …今のところ、国際会議出席の予定はありませんが。

cma

〜〜〜
「ジャッジ!」2013年、日本
監督:永井聡
脚本:澤本嘉光
主題歌:サカナクション
出演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次



iPhoneから送信


posted by staff at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。