2014年07月26日

「カーズ×プレーンズ+グランド?ブタペスト?ホテル?」(「プレーンズ2 ファイヤー&レスキュー」)

「カーズ×プレーンズ+グランド•ブタペスト•ホテル⁈」(「プレーンズ2 ファイヤー&レスキュー」)

もうすぐ3歳になるこどものリクエストで鑑賞。「2」でいきなり大人好みのひねりを入れ過ぎた「カーズ」の二の舞か…という不安はあっさり払拭されました。「グランド•ブタペスト•ホテル」を彷彿とさせるゴージャスなロッジホテルが山火事に遭遇、お客様を救え!というシンプルかつ手に汗握るストーリー。激流や炎の描写がなかなかリアルで泣き出す子もいましたが、わが子はすっかり夢中。まばたきを忘れたかのように引き込まれ、「おもしろかった、ねー!」と大満足でした。
クライマックスに至るまでのストーリーもなかなかです。レーサーになったはずのダスティが、なぜレスキュー隊に入るのか? 華やかな世界から後退を余儀無くされ、戸惑いもがく姿に、ケガに苦しむスポーツ選手の姿がかぶりました。たとえケガはしなくても、年齢という壁は避けられません。第二の人生をどう迎えるのか、望まない転機をどう乗り越えるのか、華やかな世界が全てなのか…ということをいやみなくさりげなく語り、オトナの心もじわじわと掴んでくれました。(ダスティはもともと農薬散布機であり、農薬の代わりに水を撒けば消火活動ができる!という展開もうまいなあと感心。これを念頭にキャラクター設定していたのでしょうか…。)
さらに、脇をかためる飛行機&クルマたちも個性豊か。生き生きと物語を彩り、盛り上げます。特に、ネイティブ風の寡黙なウィンドリフターのクールさ&茶目っ気にしびれました。
ホテルのお客=たくさんの様々なクルマ!というわけで、「カーズ」「プレーンズ」が一度に楽しめるような本作。火あり水あり風もあり…のダイナミックなレスキューシーンを存分に味わうなら、ぜひ大きなスクリーンで! オトナにもこどもにもオススメです。今回は吹き替えでしたが、エド•ハリスも参加しているオリジナル版も観てみたいなと思いました。

cma

〜〜〜
「プレーンズ2 ファイアー&レスキュー」Planes: Fire & Rescue、2014年、アメリカ
監督:ボブス・ガナウェイ
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:ジェフリー・M・ハワード
出演:デイン・クック、ジュリー・ボーウェン、コリー・イングリッシュ、エド・ハリス
瑛太、近藤春菜、箕輪はるか


iPhoneから送信


posted by staff at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。