2005年10月27日

8ミリに寄せる その1

石井監督が「8ミリは伝統品です」といわれた。ジョークなのかと思って、ちょっと笑ってしまったところ、真剣に「今、8ミリは本当に数少ないんですよ」と8ミリに対する情熱がどっと伝わってくる一言を返された。

監督にお会いして、8ミリのことをいろいろと思い出した。

そもそも当時も珍しかったのだが、我が家には8ミリがあった。
私が3歳の初節句のとき、お雛様を買うために祖母が用意してくれたお金を両親はこともあろうに8ミリに変えてしまったのだ。この段階ですでにこの娘の将来は危ういものとなっている(と思われる)。邪魔者になるであろうお雛様より将来記録として残そうという両親の思いやりなわけだが(ちなみに私はひな祭りが大好きだ)。

その後3分しかもたないフィルムで撮られたものは、誕生日やらクリスマスになると親戚から映写機を借りてきて、障子にシーツを貼り、運動会の様子など即席上映会が行われた。我が家の数少ないイベントであった。中学にもなったころからそんなささやかなイベントはなくなり、8ミリも押入れの中にしまわれていた。

ここ最近になって、掃除をしていたらその8ミリフィルムがいくつか出てきたのである。しかし、もう映写機がない。聞けばヨドバシでビデオに落としてくれるというので、誕生日ということも手伝って、高いけれども記念にとビデオにした。

久しぶりに見た映像は日光で焼きついたりして、何が写っているのかわからないものもあり、ほとんど内容を忘れていた。そこにはよちよちと小さい私がなんとも楽しそうに写っていた。新しいランドセルを背負って、幼なじみとあっちへいけ、こっちへいけとさも大人に指示されているように歩いていたり、かまくらを父に作ってもらって、大喜びしていたり。ノスタルジアなひと時であった。

今は小さな高性能のDVがお子さんのいる家庭には当たり前になってきた。しかし、8ミリなんていう、フィルムが切れやすくて痛みやすい、時間も短いという不便だらけの機械は、それだからこそ取り直しの効かないものすごい「力」を秘めている。石井監督の「昔はそこがまたカッコいいと思った」という言葉が今も響く。

jun
posted by staff at 09:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 石井聰亙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

「鏡心・完全版」

仙台も上映の予定があるそうです。

ISHII's Blog / 「石井聰亙」公式HP / 「鏡心」公式HP

sho
posted by staff at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 石井聰亙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。